ラッパーでもないのにトラックを作ってもらった事がある

ドープなトラックだった

俺は病みそうなくらいに病みそうなトラックを聴きながら、リリックを書いていた
よく覚えてないがネガティブなリリック

書いてるけど超ネガティブだという事を伝えると
「ネガティブはないわ」って

俺は無心状態からトラックのイメージのリリックを書いただけだったので悪いが違うと思ったので作詞を止めた

単純にそのトラックを聴くと病むので聴きたくなかった

これはウラ話